看板設置時に必要となる費用のことを考える

直接的に売り上げに影響するメッセージ力ある広告

看板の利用

看板は誘導目的と告知目的の2つがあります。お店の開店時に看板を立てて誘導を行ないます。看板は制作や設置まで制作を行ってくれる専門業者が多数あいrます。インターネット等でも情報を得ることができます。

広告効果

バックパネルは記者会見等様々な場所で使われており、広告効果が高いということで多くの企業が取り入れています。新製品の発表時やイベントの時にバックパネルのデザインによって企業のイメージも変わります。

無料で配る

ノベルティは街中でアルバイトスタッフ等が配布しており、多くの人が利用しています。ノベルティは自社のPRとして使われ、大量に発注することで一個あたりの単価を安く抑えられます。

目的地へ行く

看板は目的地を明確に知らせる役割もあります。わかりにくい場所の場合、多くの人が目につく所に看板を建てることで、目的地にたどり着くことが可能です。また、看板は大きさ等によって費用が変わります。

チラシのデザイン

チラシを作る際に、デザインはお店の雰囲気や宣伝を伝える上で非常に重要なものです。目につきやすいデザインや印象に残ってお店に来てもらえるかが重要になります。シンプルでわかりやすいことも大切です。

必要な費用

おすすめのノベルティを販売しているのは:秋冬春夏

看板にかかる諸経費について

 大切なお店や会社の顔である看板ですが、実際に作るのにはどのような費用がかかってくるのでしょうか。 まず看板本体の費用、デザイン料、そして設置するための機材、それに人件費の4つです。 本体は素材によりますが安いもので5万円高いものでは20万くらいかかります。 またデザイン料はサイズが小さいと安く3万円くらいですが大きくなると100万円以上します。 人件費は職人一人当たり昼間の作業で2万5千円くらい夜間作業で3万円くらいです。 それに道路保安員などのガードマンが必要な場合は昼間の作業で2万円夜間で2万5千円くらいです。 また設置場所によってはクレーン車や高所作業車が必要になりますがこれは一日5万円くらいかかります。

効果的な集客の為の工夫

 お店や会社にとって決して安い買い物ではない看板ですが、費用対効果の高い置き方とはどんなものになるのでしょうか。 看板にとってもっとも重要な役割は一言で言うと集客と宣伝です。お店の場所により工夫してより看板を目立たせましょう。 大きな通り沿いの郊外型のお店なら入口上部に大きな看板を設置して運転手の目をひいたり、小さな通りに面した商店ならスタンド看板で歩行者の流れをむけたりします。居酒屋なら照明つきの看板で夜でも人目を引くようにしたりします。 色彩の与える効果も考えましょう。銀行や病院なら青や緑など落ち着いた色合いで、飲食店ならおいしそうな赤や黄色の色合いをつかうなど自分の店にあったものを使うことをおすすめします。

Copyright© 2015 看板設置時に必要となる費用のことを考える All Rights Reserved.